マンション購入時の住宅ローン金利について

公開日: 

マンションを購入する際、予算に応じたマンション選びを進めていると思います。多くの人は、住宅ローンを組んでマンションを購入すると思いますが、金利が少しでも変わるとかかる費用には影響が大きくなるため要注意です。

仮に3,000万円を35年、金利1%だとすると総支払額で3500万円以上となり、利息分だけでも500万円を超えるほどのの支払となります。同じ3,000万円の住宅ローンでも、金利が0.8%だとして計算してみると、総支払額は3,400万円程度となり、利息分だけでは400万円の支払となります。金利の違いは些細な差に見えるかもしれませんが、100万円の利息差があれば、かなりのものといえます。

023

新しくマンションを購入する時には、大きなお金が動くことが一般的なので、金利の違い程度は見逃されてしまうことが多いようです。何千万もする金額の大きなものを購入するときは、気持ちも大きくなってしまいがちですが、小さい点にも気をつける必要があります。手元の100万円があれば、きれいな服を買ったり、国内外に旅行をしたり、いいものをたくさんを食べたりと、様々なことができます。金利は見た目は数%の小さな値ですが、計算される利息は大きな金額になることをよく理解しておく必要があります。住宅ローンを申込みする時には、月々の返済金額も生活に直接関ってくるので気になる点ですが、支払い総額も確認するようにしましょう。金利のつけ方は金融商品によっていろいろで、固定金利と変動金利のほか、両者の特徴を合わせた混合タイプがあります。各金融会社ごとに、いろいろな貸付条件を設定している住宅ローンがありますので、マンションを買う時にじっくり考えることです。

ハニーココ 楽天

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
PAGE TOP ↑