未経験の職種へ転職する時の志望動機

公開日: 

採用面接を突破しなければ、転職先を決めることはできません。面接時での質問はいくつかありますが、代表的なものは志望動機です。
面接の場では、正しい答えが存在するわけではありませんので、志望動機も一人一人で違っているのが当たり前です。

point
ただし、現実に起きたことをそのまま言って、面接でマイナスに評価されては意味がありません。志望動機に決まった内容はありませんが、避けた方が無難な内容はあるので、事前の準備に参考になります。自宅から通いやすかった、待遇がよかった、別にどこでも構わなかったという答え方は、面接ではしないほうがいいでしょう。

事実としては変わりなくても、言葉の選び方を工夫するだけで、相手から好意的な評価をもらえる可能性があります。
事実との齟齬が起きない範囲で、面接官から好意的な評価をもらえるような言い方を工夫することが、志望動機を語る時のポイントです。

今まで自分がしてきたことと関連づけができるなら、そこが狙い目といえます。
未経験の業種の面接に行ったという場合は、志望動機について何を話すとうまくいくでしょう。

応募資格で経験を問われていなければ、未経験でも応募することはできますが、多くの場合は面接で応募した理由は必ず聞かれます。何となくやってみたいと思ったという漠然とした答えではなく、興味を持ったきっかけなどを絡めて話すといいでしょう。面接時に、志望動機について語れなくなっては大変ですから、前もって答えを用意しておくべきでしょう。

チャップアップ 頭頂部

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
PAGE TOP ↑